BS+が

選ばれる理由

pimage_c.webp

BEAUTY SHOP+

選ばれる理由について

salon.jpg
イラスト3.png

一般のHP製作と違って初期費用のみで作られる

優れたコストパフォーマンス

一般的に自社のホームページを製作する場合は、業者にもよりますが、相場は約85万円と言われています。さらにデザイン性や拡張性に充実したコンテンツだと100万円以上かかるのもよくある話です。ですが、そこまで大きい費用で製作されたホームページが必ずしも店舗販売の強化につながるとかは言い難いです。そして毎月のホームページを管理するためにサーバーレンタル費用、デザイン更新、メンテナンスなどの別途維持費もあって、当初より大きく費用がかかってしまうことになります。一方こちらの(BS+)ビューティーショッププラスは初期費用5,500円という中で、自社のロゴや販売したい商品の広告バナーなど、必要最低限のコンテンツのみでのページ作成が可能となり、美容サロンの店販に大きく貢献できます。

サロンHP製作費用

85

万円

  • 制作費(初期費用) ~85万円くらいまで

美容室のホームページ製作相場

  • 月額料金 ~3万円くらいまで

梱包・発送の手間がかからないから

サロンワークに集中できる

今は誰でも簡単にECサイトを作れる時代です。手軽に始めるECサイトはたくさんあります。どのサイトで始めればよいのかとても迷いませんか?サロン専売品の場合は、不正流通などで取引停止にもなりかねないのでショップ選びは慎重に行わないといけません。

しかも、ECサイトを運営するにあたって在庫管理や倉庫など商品を仕入れたり梱包したり発送したりなどとても手間がかかります。そして、送料なども別途必要です。サロンワークに集中しながら行うにはとても大変です。

疲れた.png

※BASE,Shopifyなどはサービスごと費用が発生

ASP型ショップなどの
低コスト運用のPRには要注意!

ASP型ネットショップとは、ネットショップに必要な機能をレンタルして、クラウド上でネットショップを構築できるサービスを指します。 

イラスト2.png

BASEやShopifyなどのいわゆるASP型ネットショッピングは必要な機能だけを絞ってカスタマイズして運用することが特徴です。一見初回費用、月額費用など低コストで運営が可能となっていますが、しっかり運営するにあたって別の費用が発生することはご存知でしょうか?最初に見積もった金額が大きく膨れあがることだってありますので注意が必要です。

base.png
Shopify-Logo.png

サロンでECサイト構築・運用は
とにかくコストやサロンワーク以外の業務が発生

魅力的なECサイトを作るためには、商品画像を用意したり選定したり、内容の作成、レイアウト構成など、サロンワーク以外にもやらないといけないことが増えてきます。さらに、ECサイトは一度作成したらそれで終わりというわけではなく、定期的に新商品をアップデートしたり、お客様のニーズに合わせて内容を変更したりサイトをリニューアルすることも必要になります。

リクルートの悩み

費用

想定外の

  • IT知識とスキルを持った人材が必要になり、コストが発生!

サロンでECサービスを始めると

  • 梱包・発送の業務も増える!

最近は、誰でもかんたんに立ち上げらるサービスもたくさん増えていますが、管理、運用にはそれ相応のIT知識やスキルを持っている人材は必要なることも間違いないです。

しかも

在庫の管理が複雑になる恐れ

対面販売とECサイトでの販売を並行して行う場合、それぞれで在庫管理の対策が必要です。対面販売とECサイトを区別せず、一緒くたに在庫管理していると、「ECサイト用の在庫切れの恐れや対面販売用の在庫のミス」などのトラブルが発生する恐れがあります。

beautyshop+_logo_500_500.png

BS+は

一度構築したあとは、

安心してサロンワークに集中できます

ppixta_60278322_XL_edited.jpg

サロン様からの声

安心感

決め手は

多忙な営業中にECサイトを案内するのは手間がかかります。導入後もきめ細かなサポートでとても安心!

導入後は、ミシマのCSチームよりサロン様の店販に関する潜在的なお悩みを「見える化」し、解消するサポートやECと店頭が連動したキャンペーンの実施など、運営のノウハウをお伝えします。

様々な商品が登録できるから便利

豊富な商品ラインナップが掲載可能

ECサイトを立ち上げてもネットで販売できる商品は限られてしまいます。せっかく立ち上げても生産性の向上に至らず、最悪の場合はコスパの悪いサイトになる可能性もあります。ビューティーショッププラスのば、ミシマ株式会社が創業して70年以上積み重ねてきた美容ディーラーとしての信頼と実績を熟考いただいた結果、多数のブランド掲載が可能となり約40メーカー 150ブランド以上 の取扱いが可能です。さらにサロンの生産性アップのためのサロンオリジナルブランドも専用倉庫に預けていただくことで販売も可能です。販売価格や利益率を任意に設定出来るOEMやPB商品の取り扱いできることもビューティーショッププラスならではの魅力の一つでもあります。

ECサイトで不特定多数の人に向けて商品を販売することができるため、より多くのターゲット層を取り込むことができます。